築年数が古い賃貸物件。家賃の安さに妥協しないで!住んでみないと分からない注意点。

      2018/07/30

築年数が古い賃貸物件 安い賃貸物件

家賃の安さに妥協しないで!実際に住んでみて分かった築年数が古い賃貸物件の注意点。我が家は2年住むのが限界でした(汗)

我が家は夫1馬力家庭の年収400万円。

現在、分譲マンションを購入してから2年半くらい経ちます!

「年収400万 マンション購入」とかってググっていたあの頃が、もう随分昔のことのようだなあ。

以前住んでいた家は本当に辛かった。

築年数53年・階段3階という環境で、2年住んでいました。

長男を妊娠して会社を辞めさせられてしまったので(舌打ち)

家賃の安さを求めて決めた物件だったのですが

本当にやめときゃよかったー!!

 

収入に不安がある世帯の方、なんぼ安いからといって古い物件に安易に入居してはいけません。

特に妊娠中・赤ちゃんがいるママは本当に大変ですよー!

安くて古い物件は一体何がそんなに大変だったのか?

今回はそんなお話です。

妊娠で退職!夫の収入だけで生活するために、安さにつられて住んだ古物件。

以前住んでいた築53年という、初老物件・・・。

小規模団地タイプで、4棟建っているうち我が家の棟が1番古いものでした。

家賃は駐車場込みで52000円の2LDK!

近隣駐車場が6〜8千円くらいする地域なので、う〜ん安い!!

場所もスーパーや学校が近いし、近くのバス停から1本で都心まで出られる場所。

う〜〜〜ん、安い!!

妊娠によって退職することになったので、今後夫の1馬力で赤ちゃんを迎える・・・となれば

この環境・このお値段。

見た目も築年数ほどボロいわけではないし、良物件だわ!!

そう思って入居を決めました(夫は最後まで渋ってたけど←正解)

 

コンセントが足りないぞ〜。古い物件は生活スタイルが現代と合わない!

住んでみて、まず不便に感じたのがコンセントの少なさ!!

一部屋に一箇所しかない(^o^)

内覧の時にそこまで意識が回らかったな〜。

だって今の時代、コンセントなんてあって当たり前の物じゃないですか(笑)

でもそうだよね、今から53年も前はそんなに家電をたくさん使う生活じゃあなかったよね。。

でも、そんな時は!

たららたったた〜(ドラ●もん)延長コード〜!

これをさせば、足りないコンセントを増やすことができるんだよ(ドラ●もんボイス)

ドライヤーとエアコンつけたら電気飛ぶけどね!

いやほんと、電気関係は盲点でした。

エアコンが付いてなかったんで、前の家から400wのエアコン持っていったら対応してなくて

泣く泣く200wのエアコン買い直したのもいい思い出。

現在のマンションを購入した際、欲しいところにコンセントがある感動は今でも忘れられません(笑)

そして色んなものを同時に点けても飛ばない。

古い物件を選ぶ際は、電気関係は注意しましょうね!

便利な現代とは違う時代の建物ですので!

妊婦さんに階段物件は絶対にオススメしない。産んでからも大変です!

古い物件、特に団地タイプだと、大抵エレベーターが付いていません。

階段3階くらい大丈夫でしょ〜。4階・5階ならともかく?

そう思っていた時期が私にもありました。

初産だったから、自分のお腹がこんなに重くなるなんて思ってもみなかったよ。

家を出た後に忘れ物に気づいた日には絶望しかない。

 

上りもきついけど、降りるのは足元が見えなくてとっても危険です。

これは赤ちゃんが生まれても続きます。

抱っこ紐で赤ちゃん抱えてたら、足元見えないからね?

毎日の買い物もほんとキツイです。

妊娠中は、買い物袋+大きいお腹

産後は、買い物袋+赤ちゃん+ベビーカー

 

え?これ何ていう亀仙流の修行?みたいな。

亀仙人 修行画像

出典 ドラゴンボール

我が家のベビーカーは最軽量のものを選んで購入しました・・・。

それでもベビーカー3キロ・赤ちゃん3〜キロ(増える)・買い物袋(根菜やばい)で、

それはもう二の腕が逞しくなりましたよ!(にっこり)

小さな子供がいる家庭なら、階段物件選ぶにしても絶対に2階までにした方が良いです。

買い物は宅配を頼むこともできますが、子供は抱っこしないといけないからね!

止むを得ず古い物件選ぶのであれば、エレベーター付きを探すか2階以下の部屋にしましょう。

 

 築年数の古い物件は建物が歪んで冬が寒すぎる!耐震も不安です。

築53年の物件に住んでいた時は冬がとにかく寒かった。

九州住まいだけど、東北のお宅の方が絶対暖かいはず。

防寒性が皆無すぎて、エアコンをいくら稼働しても効きません。

隙間風がすごいんですよ〜。

あらゆる窓から、玄関から。

換気扇も壁付けだから、換気扇からも冷気がどんどん入ってきます。

お風呂も料理もすぐに冷めちゃうし、寝る時は寒すぎて顔が痛い。

外かなこれ?って感じ( ^ω^ )

外観では気がつかない小さな隙間や歪みが確実に築年数の古い物件には潜んでいます!

床にビー玉転がすだけじゃ、壁の隙間はわからないからね・・・。

こんなにいろんな所が歪んじゃってると、耐震に対する不安も出てきますよね。

あんまり古い物件はそもそも耐震基準も満たしてないだろうし

子供が生まれて、「この子のためにも早く引っ越ししなくては」と思っていました。

安くて古い賃貸物件は虫が多い・・・。

引っ越しした当日にゴキブリが出てくるという絶叫付きなところも古い物件ならでは。

隙間がいっぱいで出入り自由だからね!

虫たちとのシェアハウスですよ。

ゴキブリだけでも嫌なのに、古い押入れから謎の銀色に輝く見たことのない虫が出てきたり。

(BGM:風の谷のナウシカ)

押入れは基本木材だからね・・・何か、色々湧いちゃうんですかな・・・。

あと、安い物件は民度が低い傾向にあります。

共用部分を物置化しちゃってたり、ゴミ出しが適当だったり。

夏場はそんな所からも虫が湧いて、全体に旅立ってしまうので・・・。

なんだか散らかってるな〜っていう物件は要注意ですね。

 

 まとめ

  • ライフラインなどが現代の生活スタイルに合わない
  • 古くて安い物件は、階段が多いので妊婦さんや子持ちには過酷
  • 築年数が古いと見えない歪みもたくさん生じていて生活に支障が出る
  • 古い物件は虫が出やすい
  • 古い&安い物件は民度が低くて治安も不安

以上、住んでみて分かった古い賃貸物件の注意点・デメリットでした。

お安い物件は金銭的には助かるんですが、住まいって本当に大事ですよ。

小さな不満でも、ちょっと不便だったり嫌だな〜って思うことが「毎日」あると気が滅入っちゃいますよね!

今回お話した古い賃貸は、最後の方はもう家のことが本当に嫌いでした。

嫌いだから、どうでも良くって散らかりがちだったし(ミニマリストに目覚める前)

内装リフォームで見た目だけはそう古くさい感じでもなかったんだけど

住んでみると見えてくる、古くて汚くて不便な所がめちゃめちゃストレスでした。

 

引っ越しって本当に大変です。

一度住んでしまったら、そう簡単に引っ越しできないですよね。お金もかかるし。

なので、家賃の安さに飛びついて安易に築年数の古い賃貸物件を選ぶことはオススメしません!

我が家みたいに2年そこらで引っ越しする羽目になれば、それこそ安物買いの銭失いになりかねませんもの。

 

それではまた!

 - シンプルライフ , , ,