【骨格診断ストレート】自己診断のコツと30代に似合うブランド・コーディネート

      2018/08/02

骨格診断 ストレート

骨格診断ストレート。買い物に失敗しないために!自己診断のコツと30代に似合うブランド・コーディネートをご紹介!

ミニマリストに憧れ、目指し始めて以来

ひたすら洋服の精査・断捨離を繰り返しています。

1軍だけに絞ったのは良いけれどまだ完全じゃあない。

「私のクローゼットの中身は本当に100点満点なのかな?!」

そうやって自問自答し続けて、一体どれくらいの洋服を処分したんだろう〜。

 

先日当ブログでパーソナルカラー診断・骨格診断のお話を書きました。

30代になると途端に似合わない服が出てきちゃうわよね〜っていうお話でした(笑)

そんなファッション迷走期の30代には、自分に似合う色と形を知っていれば無駄買いが抑えられますよ〜ってな感じでね!

 

私はネット診断と自己分析の結果、カラーは「サマー」・骨格は「ストレート」だと思っています。

自己診断かよ!って突っ込まれちゃうかしら!

ブロガーを名乗るならば、身銭を切って対面診断レポくらいすべしって思うよね!

イラスト画像

正直な話、対面診断はお高い。仕事見つかるまで待ってて。

ちゃんと診断することに越したことはないんですが

洋服をガサーっと処分した経験をお持ちの方なら!自分の似合う服・失敗しない服はもう分かると思います。

残った服を総合して見てみると、大まかに自分の得意なタイプは導き出せるはず。

手持ちの服を厳選しきれていない段階の方は難しいかもしれないけど・・・

 

そこで今回は骨格診断「ストレートタイプ」のファッションについてのお話をしたいと思います!

※自己診断なんて認めない!許すまじ!な人には、今回は対象外の話となっております(°▽°)

 パーソナルカラー・骨格診断を自己診断するコツ。

【パーソナルカラー】

  • イエローベース・春・・・黄みがかった、濁りのない鮮やかな色が得意。
  • ブルーベース・夏・・・青みがかった、明るくて淡いクールな色が得意
  • イエローベース・秋・・・黄みがかった、くすみのある深くて落ち着いた色が得意。
  • ブルーベース・冬・・・青みがかった、華やかで濃い鮮やかな色・薄くて冷たい色が得意。

【骨格診断】

  • ストレート・・・体に厚みがあり、首が短いのが特徴。シャツにデニムといったIラインのシンプルなスタイルを着こなすのが得意で、チュニックやドルマンスリーブは着太りして見える。
  • ウェーブ・・・骨が細くて体の厚みがなく、首が長めなのが特徴。女性らしい柔らかい素材のスタイルが得意で、シンプルなカットソーなどを着ると寂しい印象になる。
  • ナチュラル・・・手足が長く、骨格がしっかりとした中性的なボディが特徴。ゆったりした、カジュアルでラフなスタイルを着こなす。

 

20代までは何でも割と似合っちゃうもんだから判断が難しいと思うんですが

30歳過ぎて、似合わない服が出てくるでしょ?(ここは一度受け入れて)

そこからひたすら、似合っていない服を手放していくんです。

 

骨格診断は生まれ持ったものなので、年をとったり体型が変わっても基本的には変わりません。

 

捨てて、減らして、自分が納得いくお気に入りの1軍だけを残してみる。

当然、クローゼットの中は似合う服だけになりましたよね?

自分で鏡で見てパッとしない服を気にいる人はいないはず。

たとえその服が最高に素敵なデザインだったとしてもね。

なので、残された服を全体的に見てみると上記の3タイプの中で自分が似合うのはコレなんだな〜って何となく分かると思います。

 

パーソナルカラーについても同様ですが、色は体型よりも似合っているのか自分で判別しづらいのであくまでも「目安」くらいで考えます。

真っ白より、オフホワイトの方がしっくりくるな〜とか

グレーの服でも、明るいライトグレーはOKだけどチャコールは地味に見える〜とか

オレンジ系よりピンク系の方が似合うな〜とか

鮮やかな色・淡い色、どちらがしっくりくるかな〜とか

黒は圧倒的魔女、とか。(それはコーディネートに難があるわ)

 

ポイントは、「好きな色」ではなく「しっくりくる色」を残すこと。

 

「似合う色・得意な色」って自分ではよく分からないけど、「明らかに似合わない色」は年齢を重ねるごとに分かりやすくなってくるように感じています(悲)

カラー診断は季節をまたぐ人も多いので、サマーだからベージュ系は絶対着られない!と思い込むよりも

自分や周りの目から見て明らかに似合わないカラーを排除していくことが自己判断のコツですね。

私は黒とカーキがほんっと無理・・・。

 

ネット上でも簡易的に診断はできるけど、どれにチェックしたらいいか分からない項目もありますよね。

ネット診断と合わせて手持ちの服と向き合うことで、より精度が増すはずです・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

骨格診断ストレート。好きな服と似合う服は違うけど、似合えば好きになる。

若い頃から大好きだった「ドルマンスリーブ」や「ローゲージニット」、ここ近年流行っている「首のつまったトップス」・・・。

ゆるいトップスを着ると、途端に妊婦感出ちゃうんですよ。

なんか、どうしても野暮ったい。

え?そりゃあただの脂肪のせいでしょって??

いやいや。

今思い返せば、美容体重だった頃もゆるい服より細身のニットやカットソーが得意だった。

ふんわりスカートよりもタイトスカートの方がスタイル良く見えるのも自分で分かってた。

そして私、首が短いんですよね〜。

ボトルネック流行らせたやつ、ちょっと出てこい。

お肌にハリがあった20代まではタートルネックも着てました。

でも、もうアカン・・・アカンのや・・・。

若さの魔法は解けてしまった。

タートルネック・ボトルネック着た私の、顔のデカさ3割り増しっぷりったら!

 

一つ年上の子持ちママである友達。

下のコーデのような、未だにジルスチュアートとか可愛らしいファッションを着こなす子が居て憧れていました。30半ばでもめっちゃ可愛い・・・!!

JILL by JILLSTUART 花柄スカート

(JILL by JILLSTUART/画像をお借りしています)

 

骨格診断を知ってよくよく見ると、彼女は確実にウェーブ体型。

柔らかい素材の洋服や、上半身のデザインが華やかで女性らしいスタイルが本当によく似合う。

本当は私・・・ウェーブタイプのような華奢で可愛らしい格好や、ナチュラルタイプのようなリラックス感あるカジュアルな洋服が好きなんです。

でも自分はストレートタイプでほぼ確定・・・orz

ストレートタイプって、なんとなくスーツ姿のキャリアウーマン!35億!っていうイメージだったので、好みじゃなさすぎてショックだったんですが(自己診断のくせにw)

ストレートタイプでもコーディネートは色々なんですよね。

 

ストレートタイプ、おすすめブランド・コーディネート例

骨格診断ストレートタイプさんが着こなせるブランド&コーディネートのご紹介です☆

ほぼバンヤードストームさんです。笑

完全に私の好みで集めてみました(*^▽^*)

☆追記:2018年8月・コーデ画像をブランド新作の新しいものに追加・差し替えてあります。

 

骨格ストレート・パンツ選びのポイント

デニムやパンツはフルレングスでストレートのきれい目な形をチョイスすると良いです。

ウエストはハイウエストのものは避けて、サイズはジャストを選びましょう!

 

BARNYARDSTORM デニムパンツ

(BARNYARDSTORM/画像をお借りしています)

BARNYARDSTORM セットアップ

(BARNYARDSTORM/画像をお借りしています)

BARNYARDSTORM チェックシャツ

(BARNYARDSTORM/画像をお借りしています)

BARNYARDSTORM ワイドデニムパンツ

(BARNYARDSTORM/画像をお借りしています)

 

骨格ストレート・スカート選びのポイント

スカートは膝丈のタイトスカートやマキシ丈のスカートが似合います。

ハリのある素材を選べばAラインのスカートでもスタイルアップで素敵なコーデに仕上がりますね!

 

BARNYARDSTORM ラップスカート

(BARNYARDSTORM/画像をお借りしています)

BARNYARDSTORM タイトスカート

(BARNYARDSTORM/画像をお借りしています)

BARNYARDSTORM ロングスカート

(BARNYARDSTORM/画像をお借りしています)

 

骨格ストレート・ワンピース選びのポイント

ワンピースは厚手でハリのある素材で、シャツ系やIラインシルエットのものが似合うそうですよ!

 

nano・universe サロペットワンピース

(nano・universe/画像をお借りしています)

URBAN RESEARCH ROSSO WOMEN ワンピース

(URBAN RESEARCH ROSSO/画像をお借りしています)

BARNYARDSTORM シャツワンピース

(BARNYARDSTORM/画像をお借りしています)

 

骨格ストレート・トップス選びのポイント

トップスはシンプルなものが似合います。

首回りが開いたジャストサイズのものを選ぶとスッキリとスタイルアップに。

素材は厚手でハリのあるしっかりしたものが良いですよ(*^▽^*)

 

☆ジャストサイズのTシャツは1枚で着るだけでもサマになります!

BARNYARDSTORM Tシャツ

(BARNYARDSTORM/画像をお借りしています)

☆シャツをイイ女風に着こなせるのは骨格ストレートさんだけ!

BARNYARDSTORM ストライプシャツ コーディネート

(BARNYARDSTORM/画像をお借りしています)

☆ゆるいニットもシャツを合わせると決まりますね!ボトムスはコンパクトにまとめて♪

BARNYARDSTORM  ローゲージニットカーディガン

(BARNYARDSTORM/画像をお借りしています)

☆ニットはローゲージのものを選んで。可愛いパステルカラーも大人な着こなしに( ´ ▽ ` )

BARNYARDSTORM ツイーディイージーパンツ

(BARNYARDSTORM/画像をお借りしています)

シンプルなシャツやニット一枚でも決まるのがストレートタイプの魅力!

デニムもよく似合うので、バリキャリ!なイメージなんて吹き飛びますよね。

実際私の手持ちの洋服も、最終的に残ったのは写真のようなスタイルの服ばかりです♪( ´▽`)

 

どんなに憧れのある洋服でも着てみて似合わないんじゃあテンション上がらない。

あんまり好みじゃないかな?と思っていたカラーやスタイルでも、着てみて自分によく似合っていたら絶対に気に入ります。

だって、本当に全然違うんだもん。

手っ取り早く洗練された雰囲気を身にまとえるって感じです。(自分比)

自分の骨格タイプがよくわからない〜て方は、徹底的に手持ちの服を厳選してみてくださいね(^ ^)

 

☆洋服の断捨離に関する関連記事はこちら

洋服の断捨離ができない人へ。絶対に服を減らしたくなる本・ブログの紹介

洋服を捨てるコツ。今すぐ実践!あふれたクローゼットは断捨離で7割収納

 

終わりに〜あまり型にはめすぎるのも良くないけどね〜

骨格診断といっても、当然みんながみんな3タイプに綺麗に分かれる訳ではないです。

パーソナルカラーも同じく。

ウェーブ寄りのストレートとか、スプリングとサマー混合とか。

でもってパーソナルスタイルも取り入れちゃうと更に細かく分類されたり・・・。

 

もうよく分かんないですよね!!

 

ストレートタイプが似合う服が多く残った私のクローゼットですが、ドルマンスリーブのニットも持ってるし、ダウンコートも愛用しています。

その場合着太りしないように必ずタイトなボトムスを持って着たりとか

ヒールを合わせてIランを水増しするとか工夫して。

 

要は着こなし次第なアイテムも存在するし、同じ骨格タイプでも似合うか似合わないかはその人次第なところもある。

 

カラーにしたって、苦手な色をトップスで着るならVネックを選んだり

自分に合うカラーのストールを巻いて、顔映りを良くしたりですね。

この色は私には似合わない!

この形は私のタイプと合わない!

そんな風にがんじがらめに考えてしまったら、せっかくのファッションも楽しめない。

買い物の失敗を減らす目安になるように

少しでも自分の魅力を底上げしてくれるように

そういう、自分にとってプラスになる目安として「パーソナルカラー」と「骨格診断」を楽しんでいけたらなあと思っています( ´ ▽ ` )

 

☆関連記事:パーソナルカラーを意識しながらアウターを買い換えてみました♪

30代アウターの選び方。パーソナルカラーを意識してオシャレに差をつけよう!

 

それではまた!

 - ファッション, 30代ファッション , ,