30代ファッションは黒をやめると垢抜ける!黒い服・アイテムの使い方。

      2018/07/30

30代のファッション 黒い服

30代ファッション。黒をやめると垢抜ける!黒い服が似合うのはウィンタータイプの選ばれし人たちだけという現実を受け入れよう。

パーソナルカラーは30代のファッション迷走期を救う道しるべだと思っています。

20代の頃は、「黒」が私の中では神カラーでした。

迷ったら黒。

黒着とけば間違いない。

例え全身黒の魔女・・・ワントーンコーデになってしまおうが、それはそれでカッコいい。

そう、20代の頃までは。ね!

そんな黒至上主義だった私ですが、30過ぎて少し経った頃から「黒い服」を着るのをやめました(`・ω・´)キリッ

 

黒はコントラストが強い色!似合う人は限られる。

黒は確かに何の色にでも合わせやすいし、細く見せてくれる効果も嬉しい色。

でも黒って、実は似合う人は少ないんです。

日本人は元々みんな黒髪なのに、それって変じゃない?って思いますよねー。

でもよく考えると、本当に真っ黒な髪の毛の人ってそう多くないと思いせんか?

大抵はお日様の下に出ると赤みがかった黒だったり、黄みがかった黒だったり。

 

黒はパーソナルカラーの春夏秋冬の中でも、冬・ウィンタータイプの人しか着こなせないカラーだそうです。

若い人は、パーソナルカラーなんかに縛られないで好きなのどんどん着たらええ。

黒でも白でもビビッドカラーでも何でもお似合いですよ、大丈夫(^^)b

しかし、お顔がくすんで心なしかシワも出て来て

「あれ?何だか今まで着ていた服が似合わなくなってきたな・・・」

そう感じ始めた30代以降の私たちは、ちょっと一旦、黒という強すぎるカラーを手放してみた方が良いかもしれませんヽ(;▽;)ノ

☆合わせて読みたい:【30代】去年着ていた服が似合わない!ファッションに悩む時に知っておくべきこと

 

黒い服を着るのはやめました。手放したもの、買ったもの。

アウターやトップスなど、顔周りに黒を持ってくるのは本当にやばい・・・。

なんて常々思いつつも数年間着用したこちらの黒のアウターを、手放しました!

断捨離 黒い服 モッズコート

「31 Sons de mode」で数年前に買った、コロンとしたフォルムが可愛いモッズコート( ´ ▽ ` )

春・秋のアウターとして大活躍だったんだけど、年々、形も色も似合わなくなっちゃって・・・。

加齢ってほんと残酷ですわ・・・。

 

モッズコートを手放した代わりに、今年セールで購入したネイビーのコーディガン ∩^ω^∩

BEAMS LIGHTS ボアフードコーディガン

(BEAMS LIGHTS/画像をお借りしています)

黒→ネイビーにすると、強くて重たすぎる印象が和らぎますよね!

黒は、「黒」しかないけど

ネイビーなら明るめのものから黒に近いものまで段階があるので人を選びません。

(でもアイテムによっては事務職感出ちゃうのがたまにキズ)
(これも骨格診断によるところなのだろうか)

手放したモッズコートも、何だか着太りするな〜と感じていたので(服のせいにした)

今回は肌寒くても活躍してくれそうな裏ボア仕様のコーディガンにしました!

これギリギリまで値下げするの毎日見張ってたからね!

無事ゲット・・・僥倖・・・っ!!

ストンとロングなコーディガンはボトムスも選ばないし着痩せして見えるよ(*^ω^*)

 

タイツやソックスの黒もやめるだけ。簡単オシャレな着こなしテク。

先日、新しいタイツを購入しました。

これまでは少しでも脚やせ効果を!と、藁をもすがる思いで黒タイツ一点張りだった私。

今回「チャコールグレー」にしてみたよ〜・:*+.\(( °ω° ))/.:+

私は普段パンツスタイルが多くって、現在持ってるタイツを合わせるボトムスはライトなブルーグレー色のタイトスカートのみ!

これこれ。大人可愛いのですよ〜♪( ´▽`)

ベイフロー タイトスカート

(BAYFLOW/画像をお借りしています)

黒いタイツでももちろん良いんだけど、着画のようにチャコールグレー合わせるの・・・素敵。

主張しすぎず、柔らかいコーディネートになりますよねっ!

 

思えば、ちらほら見かける雑誌の中の「足元のオシャレテクニック」では、タイツも靴下も「黒は使わない」のである。

むしろ「いつもの黒タイツからカラータイツに変更して垢抜け!」みたいな煽り。

靴の色と同系色のタイツを選んで脚長効果狙うのが良いみたいですね。

そしてソックスも、黒選んどきゃ間違い無いでしょ!って思っていたけど

雑誌のコーディネートで黒いソックス合わせてるのって、実はあんまり見ない気がする。

VERYの最新ソックスコーデ特集でも、使えるのはライトグレーとか何とか・・・。

☆関連記事:【VERY 2月号】オシャレなミニマリストになりたい人必見。雑誌を読む大切さ・・・。

 

コーディネートを「締めるため」の黒はアリ。

黒の代わりのネイビー!

黒の代わりのグレー!

そんな風に今回語ってきましたが、残している黒アイテムもあります。

 

それは、靴とバッグ。

靴はまあ、冠婚葬祭用の黒パンプス・育児中のため汚れても良い用の黒いスニーカーを除くとサンダルくらいしか残ってないんですが・・・

☆関連記事:靴の断捨離が難しい人にオススメの捨て方のコツと、減らし過ぎないメリット。

 

バッグは、断然「黒」を持つのが好きです(*^ω^*)

ミニマリスト バッグ 画像

大き過ぎないトートバッグと、ウォレットショルダー。
デイリーで超超・使えるっ!!

ネイビー・グレー・白・たまにピンクベージュなワードローブ。

バッグは何を持とうかな?っていう時に、何だか黒がしっくりくるんです〜。

コーディネートを引き締めてくれるというか。

あとあんまり洗えないバッグが黒だという安心感の凄さ。

それに黒の小物って、いわゆる「高見え」させやすいアイテムですよね(笑)

バッグで黒を持っていれば、足元だけ黒になっちゃう時にだって統一感が生まれて便利!

強い存在感を放つ「黒」というカラーは、ちょびっと使いがちょうど良いお年頃です ∩^ω^∩

 

魔女コーデもお手の物だった若い頃も良かったけれど

こうやって自分に似合う色と向き合ってファッションを楽しむ今も楽しいです。

オトナのオシャレは奥が深いッ!!(`・ω・´)キリッ

 

それではまた!

 - ファッション, 30代ファッション ,