【ミニマリスト】本命だけ持つ習慣。妥協しない買い物がお金を貯める!

      2018/07/30

ミニマリスト 買い物

少数精鋭を目指して。ミニマリストの本命だけを持つ習慣・妥協しない買い物がお金を貯める!

私がミニマリストを目指す理由として

  • ズボラ主婦でも掃除が面倒にならない空間づくり
  • 片付けやすいサッパリした空間づくり

この二つの目的のためではあるんで〜す〜が〜。

もう1つ大きな理由があります。

買い物からの解放という、大きな目標です。(`・ω・´)キリッ

 

なぜ買い物から解放されたいのか?

例えば、私はこれまでに貧乏性ゆえの安物買いの銭失いで妥協を重ねたモノばかり買ってきました。

それはそれは沢山買い物をしました。

後に残るようなモノは1つも買わず、

「なんとなく欲しいもの」「妥協して買ったもの」

ばかりで埋め尽くされていました。

ただただ思う。

お金もったいなかった〜〜!!!って・・・。

 

1つのお気に入りを妥協せず買うことによって、洗練されたモノに囲まれる満足感とともに

もうそれ以上そのカテゴリのモノに対する「買い物」はしなくて済むんです。

本当に気に入ったモノなら大事に大事に扱いますよね。

プチプラで適当なモノを次々に際限なく買い物し続けるよりも

はじめに金額をちょっと頑張って妥協せず欲しいものを買ってしまった方がお金は貯まる。

と、先輩ミニマリストさん方は口を揃えておっしゃっております( ^ω^ )

頑張って働いた貴重なお金、きちんと価値あるモノに使おうね。

 

 価格で妥協して買ったモノは、お金が出て行く第一歩。

昔から貧乏性で、いつも本当に欲しいものを買うということをしなかった私。

例えばファッションに関しても本当に本当に1番欲しいものって、やっぱりちょっと良いやつで高い。

カシミヤは高いから、「カシミヤ風」

ムートンは高いから、「ムートン風」

本革は高いから、「合成皮革」・・・。

1番欲しくて高価な本物は買えないから、一番欲しいものに似た安いもの・・・値段で妥協したモノばかり買っていました。

 

でもその妥協が、身の回りに「どうでも良いもの」を増やす原因だってことに全く気づいていなかった。

本当に欲しいものは結局手に入れてないんだから満足なんか出来ない。

人は満足できないとどうなるのか?

そう、目移りするんです( ˘ω˘ )

 

「これでいっか」で買ってしまったモノなんか、すぐに浮気心が湧いてしまう。

あっちの方がやっぱり可愛かったかな〜。

あれも、あったら良いかもな〜。

お買い求めしやすい値段なもんだから、妥協品はどんどん増えていく。

「これなら買えるから、これでいっか・・・。」

そんなモノばかり増えて。

 

安いものを買っているはずなのに、お金はなくなる一方でした。

それはそのはず。なんぼ安いからと言ってもモノはタダではありません。

・・・特に服に関する「プチプラ設定」は、他のモノよりとってもユルめ。

2000円のシャンプーは買えないのに、2000円の洋服なら買わなきゃ損ときたもんだ。

でも価格で選んだモノなんて所詮、妥協品です。

すぐに飽きて、目移りして、また安いモノを求めて買い物してしまう無限ループ。

 

当時の間違った買い物の仕方がなければ、今頃どれくらいの貯金があっただろう?

どれだけちゃんとした「お気に入り」に囲まれて暮らせていただろう?

 

あーほんとバカバカ!

適当なモノっていくら買っても満足しないですよね。

安いもの=お得なんかじゃありません。

最高に気に入ったものが安く手に入るならラッキーだけど

妥協して買う安いものは、お金がどんどん出て行く第一歩です。

 

妥協しないお買い物。お気に入りなら一つで良い。

ファッション小物は特に、1番を選ぶのが苦手なものでした(笑)

メインじゃないからつい、「これでいっか」になりがち。

今年の冬にと思って購入したこのカシミヤウールのチェック柄ストール。

一目惚れして、散々悩んで、でもやっぱり1番だったから決めました。

 

 apart by lowrys カシミヤウールチェックストール

apart by lowrys(画像をお借りしています)

この絶妙なチェックの配色がとにかくツボ♡

画像を見ているだけで、手持ちの服に合わせる妄想をしてはワクワク(笑)

優しいオフホワイトが、チェック柄でも子供っぽくならないよ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

無地の服ばかり持っているので、ストールはチェック柄でポイントにしているんですが

今まではデザインや保温性・素材なんかより、まずは値段!

とにかく安いの持ってきてちょうだいねっ!

って感じでまさに妥協に妥協を重ねた、ゴワゴワしてちっとも暖かくない上に、全く似合っていないベージュのチェックストールを巻いていました。

確か千円ちょっとくらい。

千円だって、大切なお金なのにね。

 

 apart by lowrys カシミヤウールチェックストール

apart by lowrys(画像をお借りしています)

カシミヤウールといってもほとんどウールだけど、手触りは本当に滑らか!

必ずしも高価なものを選ぶべきというお話ではないんだよ。

だってこのストールは数千円で購入したものですから(*’▽’*)

カシミヤストールなら2万円とかしちゃますよね!

それでもちゃんと気に入ったものを選んだ時。

1番のものを手にするって、良いな〜って実感しました。

もう、ストールはこれだけで良い。

他のものにも目移りなんてしようが無いくらいお気に入りです♪

 

ミニマリストと買い物とお金。お金が貯まる秘訣は満足感にある。

そんな安物買いの銭失いだった私が、ミニマリストという生き方を知った時は衝撃でした。

  • たくさんは、買わない・持たない。
  • 妥協しない買い物を、少しだけする。
  • 本当に気に入ったものを、丁寧に長く愛用する。

愛用する、ということ・・・。

そんな概念、今まで私が買って所持してきたモノ達に持っていたかな・・・。

妥協したものをテキトーに買って、テキトーに使って、飽きて捨ててきたなあ。

使えなくなった時に悲しくなったり、そもそも使えなくなるまで使い込んだモノが無かったような気がする。

 

『分かってはいるけど、本当に欲しいものって高いから買えないよな・・・。』

そう思っていたところに、先日いつも読んでいるミニマリストさんのブログでこんなことが書かれていました。

 

「1番欲しいものを買えないのは、2番目・3番目・・に欲しいものも買っているから。」

 

本当にそう。

これ、真理。

しかも私のような貧乏性タイプなんかは、3番目4番目に欲しいものから優先して買っちゃうから目も当てられない。

だって3番目4番目くらいに欲しいモノなら手が届くから。

贅沢したっていう罪悪感を感じない代わりに、幸福感も感じない順位のやつ。

違うんだよね、1番目に欲しいものが手に届かないなら

2番目以降のものなんか全部頭から追い出して、買えるまで貯めるべきなんだ。

こんな簡単な事が、ずっとずっと出来なかったんです。

そんな当たり前のことに気がつかなかった。

 

ミニマリストさんってモノこそ少なけど一つ一つはこだわりのある、それこそ「ちょっとお高い」モノをお持ちの人が多いですよね。

少ないからこそ良いものを持つのはわかるけど、結局そんな高い買い物ばっかりしてたんじゃあ、お金は減って行くばかりじゃない??

そう思っていました。

でも実際は違った。

結果的に、1番欲しいものを買ってしまった方が手元に残るお金は多かったりするんです。

だってずっとそれを好きでいられるから。

目移りしてどんどん買い物する事なんてないから。

不満がないから、ストレス溜めて爆買いしたりもしないから。

そう、これがまさに冒頭で私が目標に掲げた「買い物からの解放」です。

 

私は本気で「これ一つあれば良い!」と思えるモノを手にした感動を、ミニマリストという存在・考え方に出会って初めて知りました。

少数精鋭であることが、お金を増やしつつ満足感・幸福感を手に入れられるんだと思っています!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

それではまた!

 

☆少数精鋭を目指したい人の関連記事はこちら:

➡︎洋服の断捨離ができない人へ。絶対に服を減らしたくなる本・ブログの紹介

➡︎洋服を捨てるコツ。今すぐ実践!あふれたクローゼットは断捨離で7割収納

➡︎洋服の断捨離に効果的!部屋着の枚数を0にするべき理由【パジャマは OK】

➡︎靴の断捨離は難しく考えずに1アイテム2つまで!数を減らしてオシャレも楽しもう。

 

☆ファッションに関する関連記事はこちら:

➡︎30代アウターの選び方。パーソナルカラーを意識してオシャレに差をつけよう!

➡︎【30代】去年着ていた服が似合わない!ファッションに悩む時に知っておくべきこと

➡︎【骨格診断ストレート】自己診断のコツと30代に似合うブランド・コーディネート

➡︎子育て主婦はファッション通販サイト・ゾゾタウンUSEDで賢くオシャレになろう!

 

 - ファッション, ミニマリスト, 少ない服で着回し